充実の英語教育と徹底した少人数教育が特徴の私立小学校、学校法人三育学院 鹿児島三育小学校は、鹿児島市の私立小学校です。

特色

豊かな心の教育

豊かな心を育てる

鹿児島三育小学校では、キリスト教の精神がすべての教育の土台となっています。朝の礼拝、授業前のお祈り、 聖書の言葉の暗記、また土曜日の教会出席などを通し、私達一人ひとりは神様に愛されている存在だと理解することを、 教育の柱としています。自分はかけがえのないものだと受け入れることで、児童達は物事を肯定的に捉え、 何事にも積極的に取り組む姿勢を身につけます。他者に関しても同様の存在であるという考えのもと、 他者の意見を尊重し、お互いに理解し認め合う価値観を養います。

奉仕活動

助け合い、感謝し合うことこそ人生の喜びであることと体感します。

お互いに助け合い、感謝し合う喜びや大切さを体感するために、積極的に奉仕活動に取り組んでいます。 近隣の清掃活動を行うほか、老人福祉施設に訪問し、 クリスマスの劇や歌を披露し手作りのプレゼントを贈るなど様々な活動をしています。 訪問先で高齢者の皆様から喜んでいただけるのは、児童達にとって何よりの楽しみにつながっています。 これらの活動を通し、児童達は社会と自分とのつながりを認識し、 自己利益ばかりではなく社会全体の利益を考え行動できる人間としての資質を磨くのです。

募金活動

バイブル週間

各学期に一度行われるバイブル週間で、キリスト教の教えを深く理解します。

鹿児島SDA教会の牧師や他教会の牧師をゲストスピーカーとして招き、聖書やイエス・キリストの教えを深める行事を行っています。三学期には六年生が学校で学んだことを発表します。聖書を学ぶことで、他人や自分にとっての本当の幸福に出会うことができます。

学習指導

「なぜ?」「もっと知りたい!」を伸ばす教育

預かり保育

小学校で学ぶべき知識や基礎学力の構築は当然のこととして、 本校では何よりも児童の知的好奇心の芽を伸ばし、「なぜ?」 「もっと知りたい!」という主体的な学習欲求を引き出すことを最大の目標にしています。何事にも興味を持ち、情報を集め、 自分なりに考え、仮説を立てて検証していくプロセスを身につけることが、中等・高等教育においても大きなアドバンテージになるとともに、 社会に出てからも様々な問題を解決していく上で非常に重要になるからです。
授業では教師が答えを押し付けるのではなく、一人ひとりの思考プロセスをリードすることで、自ら解答を導き出し、「できた!」「わかった!」という喜びを体感させます。この喜びの蓄積が学習意欲を向上させ、学力を伸ばすのです。

適正少人数教育

良い部分を伸ばし、個性豊かな人間を形成します。

ある程度人格が形成されてきた10代後半の段階では、多様な集団の中で揉まれることも意味を持ってきますが、人格形成の初期に当たる小学生の段階では強さだけが助長されたり、貴重な個性を埋没させてしまう危険があります。
鹿児島三育小学校では各学年とも少人数編成を行っています。それは転ばぬ先に手を差し伸べるためでも、行動を規制するためでもありません。全ての自動が教師との個人的コミュニケーションを保ちながら、良い部分を伸ばし、個性豊かな人間を形成するためなのです。

基礎学力

「らくだ学習」で基礎学力を高め、自ら学ぶ習慣を身につけます

1 枚ごとに「目安時間」が設定されたプリント教材を、自分でストップウォッチを使って時間を計りながら解答し、 合格(習熟)するまで取り組みます。ストップウォッチで計った学習結果を「らくだ学習記録表」に記入することで、 学習の習熟度や到達度を視覚的に把握することができます。できないことや苦手なことを繰り返して学習することで基礎学力が確実に身につくとともに、 やりたくないことにも取り組む力や集中力、根気などの「生きる力」が育ちます。 また、自分で学習記録を付けることは児童にとって大きなモチベーションとなり、自ら学ぶ習慣が自然に身につきます。

表現教育

様々な学習・活動から表現力を高めます。

表現の基本(文章化)は漠然と感じている事を整理し、認識を深める知的行為です。本校では、国語力を高め、思考・感性を高めるために、図書指導にも力を入れています、また、全校合唱、チャレンジ発表会、クリスマスキャロリングなどの音楽活動を通じて、表現する喜びと達成感を味わい、表現力を高めます。

英語教育

英語教育

本校の英語はテキスト上での教育にとどまらず自然な形で世界を学び異文化にふれあい自国の文化、アイデンテティーを見つめる事のできる幅広い視野を養います。そこから「他者理解」を基軸に自分以外の意見に耳を傾け違いを認め合える真の国際人の育成を目指しています。
鹿児島三育小学校では、週2回(月曜と水曜)の英語のクラスがあります。児童は「Let’s Go」という教科書を使って学習しています。「Let’s Go」は6までのレベルがあり、1、2年生はレベル1を3、4年生はレベル2を5、6年生はレベル3を学習しています。児童は英語の教科書を使って勉強しますが、オーラルコミュニケーションをメインとして学習を進めて行きます。また、それだけではなく、児童には英語を話す機会と聴く機会をできるだけたくさん与えています。 様々な国の人々と積極的にコミュニケーションし繋がっていくことができるよう、他国の文化を理解できるよう、そして、他者の意見をしっかりと聞き自分の考えをしっかりと表現できる大人に育てるというのが私たちの目標です。
デイヴィッド プライス
英語のクラスでは定期的にインタビューチャレンジという活動をしています。ネイティブの先生とマンツーマンでクラスで学習してきたことを質疑応答して児童一人一人の到達度をチェックします。

将来的には、世界中の姉妹校と英語で繋がって行きたいと強く思っています。
Here at Kagoshima Saniku, we have English classes twice a week on Monday and Wednesday mornings. Students have a textbook called Let’s Go which is graded into 6 levels. 1st and 2nd years use level 1, 3rd and 4th years use level 2, and 5th and 6th years use level 3. We try to focus mainly on oral communication although all students also challenge a graded reader book. We try not to depend solely on the textbook though, and try to give the students as many speaking and listening opportunities as possible. At the end of the day, we want to encourage students to be able to actively engage and communicate with a variety of different people, to show understanding of different cultures, and to both listen carefully to others and express your own opinions clearly.
David price


We also give students a periodic one on one interview challenge with a native teacher where they are asked to ask and answer simple questions previously studied in the classroom.

In the future, we are very keen to develop contacts with our sister Saniku schools around the world.

放課後 児童クラブ

鹿児島三育小学校の児童クラブは、保護者の就労状況にかかわらず、鹿児島三育小学校の児童を対象として、授業の終了後に、三育教育の一環として、適切な勉強、遊び、生活の場を提供し、安心して子どもを育てることができるよう、子育て支援を行います。

三育児童クラブの特徴

  • 三育小学校で、放課後の時間、そのまま安全に過ごすことができます。
  • 三育小学校のすべての児童が対象です。放課後、三育の友だちと一緒に過ごすことができます。
  • 長期休業中(夏休みなど)も利用できます(年末年始などを除く)。

らくだメソッドの教材で基礎学力を養う

算数だけではなく国語のらくだ教材も学習することが出来ます。
↑らくだ学習について

遊びながら知的発達を促す

知的発達を促すのに適した指先を使って遊べるおもちゃがたくさんあります。

すこやかな体づくり

ご家庭のお弁当は、感謝の心を育て、親子の絆も深めます

卵乳菜食を推奨し、内面から健やかな体をつくります

健康の基礎と習慣は成長期までに作られます。 規則正しい生活習慣や食習慣は一朝一夕では身につきません。三育では規則正しい生活習慣の涵養に勤めるとともに、卵乳穀菜食を基調としたバランスのとれた食事を奨めています。週2回の給食(有機野菜を取り入れた卵乳穀菜食)、週3回のお弁当の時間は、楽しい交流の場であると同時に規則正しい食生活を実践する大切な学びの場でもあります。

水泳教室で総合的な体力づくりを

水泳教室で総合的な体力づくりを行います

全学年を対象に、近隣のスポーツクラブを利用して水泳の指導を受けています。理想的な全身運動でありながら関節等への負担が少ない水泳は、 体幹づくりや心肺機能の強化などに役立ち、総合的に体力を伸ばすことができます。 それぞれのレベルに応じて級が分かれ、一人ひとりに最適な指導を受けることができます。 水泳指導は一年を通して行われるため、児童達の水泳スキルも著しく向上します。 さらに、万一水難事故にあった時の護身術を身につける目的で、年に一度着衣水泳を行っています。